header
―24時間森林浴の軽井沢の家― 
地元軽井沢の材木店の持つ、地元カラマツ材を内外に使用することで、良い家をローコストに仕上げることができた。
またダルマストーブの煙突を室内に廻しエアコンをつけないことも全体価格を下げている
外観

廊下 階段
ダイニング
和室

軽井沢
この敷地は中軽井沢にあり、雑木林に囲まれた静かな場所で、夏季中心に生活する場として建てた別荘である。

カラマツをたくさん使った無垢の家をというコンセプトに、地元工務店(材木屋)の持つカラマツを外壁に使い、室内床壁の一部もカラマツ貼とした。

自然に馴染む外観や壁の白とカラマツの無垢材がコントラストをつくり、素朴でホッとできる空間、時間を忘れて過ごすことが出来る。

冬にはあまり使用しないということでありましたが、土地柄、冬季にはかなり寒くなることを考慮し、薪ダルマストーブや床下を高くとることで、夏涼しく、冬暖かい家ができあがった。

そして留守中の防犯には特に配慮し、セキュリティーを充実させた。

現在、建て主は一年間のほとんどをこちらでお過ごしのようである。 最近経験した(セラミックイオン遠赤外線冷暖房でエアコンがない)光冷暖の採用がきまり、夏冬とも快適な環境を作り出すことができそうである。
外観写真+廊下+廊下+階段+ダイニング+和室

戸建セカンドハウス住宅
木造 2FL
延床面積 108.25u(32.63坪)
1階床面積 69.41u(20.88坪)
2階床面積 38.84u(11.75坪)

                  
copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved