header
 ―明治西洋館風アンティーク・クラッシック調の家―
武蔵野市
小野邸 玄関 バルコニー ダイニング リビング
この家は建て主のご要望により、明治建築の技法を生かしたものである。当所三鷹にある山本有三記念館のような家というお話であったが、私の勧めでこのような家になった。門柱はご尊父様の出身校第3高等学校の門柱の形とした。

ベランダの支柱や手摺の一本一本にも装飾を加え、さらにインテリアにも明治西洋館風が生かされている。

玄関ホール、廊下、階段、応接室は大理石、暖炉、飾り棚、キッチンセット、シャンデリア、家具にまで特注品と輸入物で演出しており、本物のアンティークを追求した家である。設計に一年半、工事に二年かけて作り上げた建て主と設計者ともども野心作である。キッチンは当時珍しかったシステムキッチンを特注で作って貰った。

完成後はTVなどでファッションショーの舞台ともなり、数多くの建築雑誌そしてマンガ雑誌にまで登場した。

竣工後30年以上経ったが、塗装を一度しただけで古びるごとにその美しさを増している。通りがかりにカメラをむける人が絶えない。

外観写真+玄関+バルコニー+リビング2点

戸建専用住宅
木造 2FL
延床面積 228.99u(69.27坪)
1階床面積 137.61u(41.63坪)
2階床面積  91.38u(27.64坪)

発表雑誌 一流住宅 新住宅

図面