header
― 手作り家具・鉄骨造の家 ―
ローコストのチエックポイントは
@鉄骨造にしたこと(建て主のご希望は鉄筋コンクリート造)
A建て主に家づくりに参加(建て主と所員によってペンダント照明器具など手作り
B家具工事を大工工事としたこと
内山邸 内山邸 リビング 階段 浴室
杉並区
この住宅は東京都杉並区の閑静な住宅街に位置し、とても広い敷地である。
光と風が室内をそよぐように考慮し、南面に広い庭を取り、ランドスケープアーキテクトと共同で設計した。

当時敷地の真ん中に計画道路があったため、鉄筋コンクリート造では建てられず、建物は鉄骨造となっている。
外断熱壁として、夏涼しく、冬暖かい家である。

第一のコンセプトはオリジナルの家具でインテリア空間の演出であった。

室内で最初に目にするのは階段の吹き抜けの照明でこれはペンダント形式とし、施主とのうちあわせでデザインが決めた。所員と建て主の手づくりである。

このように建て主が家づくりに積極的に参加することは良い家づくりの一つのポイントであると思う。
家具も全て注文家具とし細かい部分まで建て主のご意向に従ってデザインした。

ガラス瓶にモザイクタイルを建て主と一緒に貼り付けて作ったペンダント照明器具は、よい思い出になるとおっしゃって頂いている。
外観写真2点+リビング+階段+浴室

戸建専用住宅
鉄骨造 2FL
延床面積 259.78平方メートル
78.58坪
発表雑誌 建築界 


copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved