header
―簾(すだれ)ブラインドのある現代数寄屋の家―
山本の設計する現代数寄屋の工事を手掛けてくれた工務店は、設計者のセンス意図することを熟知していた。そんな工務店に依頼できた事がローコストで数寄屋建築を作る事が出来た最大のポイントである。
玄関・階段
玄関・階段

玄関・階段
リビング和室
武蔵野市
 無垢材を多く使用した木造2階建ての現代数寄屋風の家である。

アルミパイプの簾ブラインドがとてもいい印象になっている。

南に面してすべての部屋を設け、無垢を使った上品な空間造りを目指した。

玄関にある階段には手摺りや置き石には建て主と何度も打合せを重ね、デザインをしたものである。

また、奥様が京都のご出身で京都揚屋建築「角屋」をこよなく愛されていたこともあり、その静謐な感じをダイニングルームにも活かした。


外観写真+玄関・階段+リビング+和室

戸建専用住宅
木造 2FL
延床面積 146.95平方メートル
44.45坪
1階床面積 92.23平方メートル
27.90坪
2階床面積 54.72平方メートル
16.55坪
発表雑誌 一流住宅

copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved