header

エコリフォームの効果

断熱材付加や2重サッシの採用などの住宅開口部(窓出入り口)の気密性強化、断熱性能強化などの

「エコリフ−ム」が地球温暖化防止の推進としてか発になっています。

断熱気密化には夏暑すぎる住宅を作るなどの反対もありますが、使用する暖冷房エネルギーの抑制が

CO2の排出量の削減に貢献し、光熱費の減少になることで大いに意味がある事は誤りない。

しかし、面倒な住宅の断熱かよりもコストと手間を考えると、もっと効果的な方法が別にある。

それは、使用電力減らす方法である具体的にはエアコンの高効率化とLED照明の使用である。

LED照明は現在高価格であるが、使用電力量が僅かで、寿命が圧倒的に長いのでロングスパンで考えて採用したい。

経済産業省の「総合省エネ基準」が策定され、国も後押ししている。

幾つかのおもだった改善点を列記しよう。

1・温熱環境の改善(ヒートバリアーの軽減)2・結露、カビ、ダニの発生の解消、3・室内室温の平均化(不快感の解消)

アレルギー症状の改善につながりエコリフォ−ムは健康状況の改善に寄与すると言える。


前のページへ戻る
copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved