header
リフォーム保険等でリフォーム容易に

国交省リフォーム基準緩和

国交省もリフォーム・中古住宅に関する施策の充実を進めている。既に今年度、性能向上リフォームについては優遇税制が拡充されており、来年度以降もリフォーム・中古佳肴市場の活性化に向けた施策が計画されている。その一環として実施されたの「住宅リフォーム推進モデル事業」だ。
この事業の狙いは,@保険制度 A検査 B住宅履歴情報の3つを使ってリフォームした中古住宅を適切に評価し、リフォーム前よりも高値で売る事が可能かどうかを見極めることにある。

そのために、住宅のリフォームと併せて建物検査(インスペクション)を実施する。
保証・保険をつけ、住宅履歴情報を活用して、竜通じに銃砲を提供し、その費用を国が一部補助する。
来年度以降の政策イメージ
国土交通省が次年度の施策を打ち出した「概算要求」をみるト、2013年度は住宅ストツクの活用を積極的に打ち出している。
前述のモデル事業は来年度も実儀する予定である。リフォームの保険制度やインスペクション、資産評価住宅履歴情報の仕組みづくりも支援する。こうした取り組みに予算130億円を要求している。
バリアフリー改修、省エネ改修、耐震改修などの性能向上リフォームに対する優遇措置の拡充の方向性も打ち出した。
贈与税の特例措置も追加し、住宅の相続時にも配慮。親の
住宅を子どもがリフォームする際の税制優遇も創設したい考えだ。基準緩和でリフォーム容易に
リフォームの活性化に向け、リフォームの障害となっていた建築基準法の縛りも破和される。
国土交通省は9月1日付けで、既存不題椅の建築物の増改築に関する建築確認の申請手続きを一部簡略化した。
構造に関する基準も一部幾和した。これまでは、既存不適格の建築物を増改築する際、手続きが煩雑だった上に、改修しない部分についても基準法に基づいた構造計算などが必要だった上に、改修しない部分についても基準法に基づいた構造計算が必要だった、今回の緩和でリフォームが行いやすくなる。
破和措置は、増改築部分の床面積が既存部分の2分の1以下の工事が対象となる。
4号木造建築物は、これまで必要とされていた構造計算を、博造上一体の増改築で耐力壁の配置が一定の要件を満たしていれば不要とした。
前のページへ戻る
copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights