header
---夏涼しく、冬暖かい木造の健康な家---  
建て主のご希望である夏涼しく、冬暖かい木造の健康な家をローコストで作ることに全力を上げた。
日本の風土に合う木の家にすること、地震に強い家にするため杭を打ち、シックレスハウスにするため漆喰とタイルを多用すること、均等な温湿度を得るため、内外エアサイクル住宅にして、一年以上かけて取り組んだ家である。

 杉並区
この住まいは夏涼しく、冬暖かい健康な家をつくりたいという建て主のご要望をコンセプトに設計に取り組み、パッシブ・エアサイクルシステムを採用た。
内外の壁に暖気や冷気を送り込み、それぞれの部屋に心地よい温度・湿度がいきわたるシステムである。

この家の壁はこのシステムの為に普通の住宅より厚さが厚くなっています。個々の暖房機は不必要である。

そして、この家には家族の健康の為にも十分に断熱材を充填し、内装は天然素材の漆喰を多用して、空気の澄んだ家になるように配慮した。

インテリアは、アールデコモダンをコンセプトにモダンながらも落ちついた印象にまとめた。

平面計画では、玄関横にフィッティングルームと称した部屋を計画したことが特徴である。

家族みんなが出かける前の準備そして帰宅後のコート掛などの身支度をここでする。ここに機能的なオリジナルシステム収納を配置した。
リビングでは大きな映像ロールスクリーンを配した大型システム収納を組み込み込んだ。
また、そのリビングの上部の吹き抜け周遊スペース(2F)にはご主人のたくさんの本を収納できる書棚、そしてパソコンなどのできるスペースを造った。

元気な男の子ふたりの息子さんのためには
トップサイドライトより光がふりそそぎ、遊び心をくすぐるロフト、造り付けのデスクと棚など、立体間のある空間を計画した。

お母様の部屋は南面に大きくバルコニーを設け、家具にもこだわり、ホッとできる癒しの空間とした。

プロのピアニストでもある奥様のために専門家と協力をして防音音響音楽室をつくりました。所長の数多い経験がここでも生きた
このように、この住まいは家族のそれぞれの空間を大切にしながら、リビングダイニングで家族をつなぐ家になった。

戸建専用住宅
木造 2FL

延床面積   235.00u 71.08坪
1階床面積  117.5u 35.54坪
2階床面積  99.45u 30.08坪
発表雑誌 OZONE 別冊
   
copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved