header
井の頭公園入口に立つ竹林のあるアーチ窓の飲食店舗ビル 〜  
ローコストの追求は、材料の選択にある。中規模の建設会社の特命だったので、工事会社が廉価に購入できるメーカーの材料を徹底して選び設計に活かした。
武蔵野市
この建物は井之頭公園へ至る入り口の緑多い恵まれた環境のなかに(公園の階段に隣接)建てられた。南側の竹林はそのまま残し公園に向かって開く鍵型のプランとした。

3階は建主の住宅になっているが、外観では住宅があることは分らないように設計した。
珪藻土吹きつけの独特のデザインの赤い外壁と公園の緑が良く映えて美しい。
桜の季節にはここから水辺の満開の桜を望むことが出来る。
3軒のレストランは大変人気があり賑わいを見せている。設計者としても大変嬉しい。

住居住居への入り口(玄関)は独立させ、イタリアタイルを貼るなど建主のご希望をしっかり取り入れてまとめた。この住宅はオール電化の仕様となっている。

当初ジブリ美術館をという話もあったが、敷地が狭いという理由で、ジブリは井の頭公園の南の用地となったものである。
商売繁盛の家相風水を設計に盛り込んだ為か、3軒のお店はいずれも好立地もあって大変繁盛している。

建て主に会うたびにお礼を言われ、 設計者も嬉しい限りである。

店舗 住宅
RC造 B1/3FL

延床面積 965.27平方メートル
292.02坪
外観写真 外観写真 外観写真 バルコニー
玄関
copyright (C) 2005−2012 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved