トップページへ トップページへ

現代数奇屋・和風モダンの住まい

 
現代数奇屋・モダン和風随想
  
伝統工法の古民家の囲炉裏端に座ると、心が落ち着きますね。そうです。和風は日本人の心のふるさと、DNA なのです。山本は数多くの現代数奇屋住宅を設計し、モダン和風の家を創っています。
日本の和風建築には洗練されきった「白雉美」があります。柱はピン角で面が小さくシャープです。
韓国や中国の伝統的な木造建築は日本と比べると自然のままの丸太でおおらかな感じがあります。
現代数奇屋は日本独特の自然を生かした美しく澄み切った建築です。この世界にのめりこむと離れがたい魅力に捕らえられます。現代では伝統的な数奇屋を創るにふさわしい建築材料が容易に手に入りません。
現代的な材料で現代の日本人大工の最高の腕を発揮して独創的に創るのが「現代数奇屋」です。
芸術院会員故・吉田五十八や故・村野藤吾が創り上げた世界です。私は吉田五十八に私淑し、
宮大工 故・清水庄二から現代数奇屋を学びました。彼が口をすっぱくして言っていたことは、
「職人魂に徹しろ」「大工は家を建ててはいけない」ということです。この家というのは
もちろん自分の家ということです。つまり自分の家が建つような金儲けを考えてはいけない、手抜きにつながるからということです。
ものづくりは「情熱の限りを尽くして手間隙かけて芸術の世界を創り出せ」ということです。
モダン和風は和の心の真髄が分かる作家が、本気で手がけて芸術の域に達するものだと思います。
数奇屋を創るにはお金が足りない、でも和風が好きという方に私は「モダン和風」の家をお勧めします。依頼者の感覚をしっかりつかんで創らないとご満足いただけません。
なかなか難しいものです。私は心血を注いでご依頼者にご満足いただけるようこの世界に挑戦しています。それでは私の作った現代数奇屋、和風の家の作品をご覧ください。

 
.現代数奇屋・和風モダンは好きですか?

 日本人は生まれながらにして、日本の伝統を身につけています。そのことが日本の歴史であり、DNAといえましょう。
伝統建築の中で、真に日本人の創作物は平安朝建築と数奇屋建築だけなのです。

他の様式は日本風にアレンジしていますが、中国と朝鮮半島から来たものです。
数奇屋の精神を現代の材料で再現する現代数奇屋(とモダン和風)はあなたのテイストにぴったりですね。日本の四季を感じ心落ち着く空間が出来ます。

「綺麗寂び」これが数奇屋の精神の一つではないでしょうか?移ろいながら憂いを持ちながら古びてゆく、そしていつまでも美しい。古くなるほど美しさが増す・・・そういうものを私は求め続けています。日本人は新しいものが好きです。長い歴史のあるヨーロッパでは古いものの方が価値があるのです。日本も世界に冠たる歴史を持っています。日本の自然は世界一美しいと思います。自然に溶け込む美しい建築を創りたいですね。
 
鉄筋コンクリート作りの現代数奇屋の家玄関


2.現代数奇屋・和風モダンは日本人の心です。 
 数奇屋の精神は「素朴・謙虚・控えめ」です。これは日本人の本来の心ですね。
奥ゆかしさや、やさしさに通じる伝統的な日本人の心です。
「正直でつつしみ深く、おごらぬ様」が「日本の侘び・寂び」の精神であり、これが数奇屋の心です。多くの先人たちが、美しい自然の中に、さまざまな美しい建築や庭園を創ってきました。その真髄を素直に学び取り感じ創作に当たりたいと思います。現代は、こういう心が失われてゆくように思います。決して失ってはいけない日本人の美徳です。建築は人の心に大きな影響を与え、人を支配します。美しく心広がる空間に身を置けば、人は幸せになります。皆さん幸せになりましょう。

私はそのお手伝いを致します。


鉄筋コンクリート作りの現代数奇屋の家の和風の門と緑

3.現代数奇屋・和風モダンには竹が似合います。
 現代数奇屋には竹がとても似合います。
竹は屋外では数年で腐朽してしまいます。
 インテリアに竹を使う事でひと味もふた味も違う独創的なデザインが可能です。竹は5年生が一番良いようです。人間で言うと25歳、一番強いのです。また使用材の5倍くらい集めて、8割は捨てることも大事です。それだけ択ぶということです。色、形、つやを見て択ぶことで美しいものが出来ます。屋外はいけません。5から6年で朽ちてしまいます。

 
スペイン風の家の中にあるお母様の和室天井

4.茶室はいかが?

茶室を作りましょう。
高価なイメージがあるかもしれませんが、茶室をポータブルな箱にまとめる。
実用的な茶室として、癒しの空間として取り入れることで形式ばかりにとらわれない茶室となります。 アメリカの雑誌『ARCHITECTUAL RECORD』にJAPANESE TOKONOMAとして発表された山本設計の床の間です。
「伝統」と「現代性」の中で、 時の間をどう具現するかがポイントです。

さまざまにデザインできますね。腕の見せ所です。洋間ばかりのマンションの一隅に琉球畳を敷き、炉を切ったところ、人気のスペースになった例もあります。

     

▲ アメリカの雑誌『ARCHITECTUAL RECORD』にJAPANESE TOKONOMAとして発表された山本設計の床の間です。  
                             
5.現代数奇屋・和風モダンでリフォームしませんか?

現代数奇屋・モダン和風は若い方にも人気です。
リフォームで一新しませんか。もちろんリフォームで現代数奇屋・モダン和風を作り出す事も可能です。
インテリアだけでなく外観(屋根・外壁・サッシ も設備、庭園、外構をリフォームすることで癒しの空間・住まいとなることは間違いありません。
朱を基調にしたモダン和風の焼き鳥屋さんを事務所の近くに作りました。美味しいお刺身と冷酒、焼き鳥盛り合わせで、一日の疲れを癒します。日本の伝統的なデザインを現代風にアレンジシ、和風のモダン家具がよく似合っています。評判の店となりました。

ビルの中に創った和室

6.現代数奇屋は決して高価ではありません。 

現代数奇屋は決して高価だと敬遠する必要はありません。
比較的安く手に入る材料を使ってデザインすればよいのです。
そう、ポイントはデザインなのです。
デザインを上手にすることで、常識的な工事費で数奇屋建築を作ることができるのです。山本は工事費の専門家の建築積算士です。どうぞお気軽にご相談ください。

使用する材料工法と大工に技量により、大きな差が発生するので、うかつに坪幾らとは言いがたいのですが、100万/坪をお考え頂くと相当なものが出来ます。モダン和風なら75万/坪から出来ます。芸術にこだわると、際限なく高価になりますが、かなり芸術的なものでも、そこそこの価格で出来ます。お客様のご予算に合わせます。
古民家を蘇らせて、光りあふれるモダン和風に変えることも出来ます。
 

武蔵野市境の現代数奇屋床の間

7.鉄筋コンクリートでもモダン和風が出来ます。 

コンクリートの力強さと、木のあたたかみ、繊細さを巧みに対比して、鉄筋コンクリートと木を融合したハイブリド住宅も出来ます。

クラシックモダンを基調とした家に和室を儲け、日本的なシンプルさに似合う空間が出来ました。広縁の一隅に那智黒石を敷き詰め、水遣りを造りました。建て主ご自慢のスペースです。

那智黒石を敷き詰め他広縁一隅の水遣り

 
↑ TOPへ
 copyright (C) 2005−2016 Fujio Yamamoto Architect&associates All rights reserved.